年齢肌が気になるなら目の下のたるみ取りを|マイナス5歳若くなる

婦人

洗っても落ちないメイク

メイクアップ

大阪の美容外科では安全性の高いアートメイクを受けることができます。アートメイクは色素を皮膚の浅い部分に注入する施術で、毎日のメイクの時間を節約できるため人気があります。気に入らないときは除去や修正も可能です。

もっと見る

若返り効果の高い治療法

目元

目の下のたるみ取りをするためのクリニックガイド

若返り効果を期待することができますよ。目の下のたるみ取りの相談を行なって、見た目年齢の改善を進めてみませんか。

メスを使わず短時間の施術

目の下がたるんでくると、どうしても老けて見られます。目の下のたるみは、加齢によってコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、肌の弾力やハリが失われることによって起こります。加齢によってたるみが出てしまうことは避けられませんが、日頃から目のまわりの筋肉を鍛えたり、十分な保湿に気を付けることによって、ある程度の改善は期待できるものです。しかし、毎日手入れをしてもたるみが改善されない場合は、美容整形によるたるみ取りを考えてみてはいかがでしょうか。目の下のたるみ取りというと、メスを入れる除去手術を思い浮かべる人が多いかもしれません。ところが顔にメスを入れることなくたるみを除去する方法があるのです。しかも、施術時間も1時間ほどと短時間で済み、忙しい人でも治療が可能なため、多くの人に喜ばれています。それが注射を使ったたるみ取りです。

メリットの多い治療法

目の下のたるみは、よく観察すると、膨らんでいる部分と凹んでいる部分にわかれています。この凹凸の差が大きくなると影ができやすくなり、よりたるみが強調されることとなるのです。注射を使った施術は、まず膨らんでいる部分から余分な脂肪を注射器で吸い取ります。このとき、注射針を刺すのは瞼の裏側からになるために、顔の表面には針跡が残らないというメリットがあります。そして次に凹んだ部分に脂肪やコラーゲンを注入します。このときに、先ほど除去した自分の脂肪分を使用すると、アレルギー反応や異物反応を起こすことがないために、より安心して治療を受けることが出来ます。このように注射によるたるみ取り治療は、短時間で行えることのほかに、傷跡が残らない、施術後のダウンタイムがない、など多くのメリットがあると治療法なのです。

若々しい肌を維持しよう

鏡を見る婦人

しわの治療にはレーザーなどを照射するものや、ボトックスなどを注射するものまで様々な方法があります。また、近年ではアクアミドジェルという高い持続力も持つ成分を注射する方法が注目を浴びています。治療の効果をより高めるためにまずは医師としっかり話し合い、しわの原因や種類を明確にすることが大切です。

もっと見る

見た目を若くする方法

頬を触るウーマン

加齢によるほうれい線は、様々な方法で対策することが可能です。例えビタミンやミネラルを補給する方法が挙げられます。また、ストレッチなども改善につながるでしょう。そして他には、クリニックでの整形施術も有効な対策です。

もっと見る